9月28・29 地域とつながるお寺づくりファシリテーター講座

9月28日、29日と二日間に渡って開催した、お坊さんのための未来をつくるkaigoカフェファシリテーター講座が終了しました。

120654769_3926088834078275_6757611647852165999_n
北は北海道から南は岡山まで全国各地のお坊さんたちと、お寺を拠点とした場づくりについて、対話を通じて共有しました。
お寺や僧侶、個人としての強みと、地域の持つ強みをどんな風に掛け合わせて活かせるか?様々な意見交換をしました。
お寺も介護施設も一般の人が気軽に立ち寄りにくい点、硬くて暗い印象を持たれがちなところなど、共通の課題を感じることも多く、新たな気づきも多く頂けました。
お寺が拠点になる地域づくりはすでに先進的な事例もありますが、自分たちの地域で、今ある資源を活かしてできることから始め、継続する中でだんだんと理想の形を目指していって頂けたらと思いました。
120741993_3926088937411598_6544584252539389665_n
今回の企画を提案してくれた大慶寺の大場さんはじめプロジェクトチームのみなさん、カフェの運営メンバーやご一緒頂いたみなさま、ありがとうございました。12月には実践発表会の機会がありますので、それまでにどんなアクションが生まれるか、楽しみにしたいと思います。
120583640_3926089220744903_1489789330621246960_n

9・23 未来をつくるオンラインカフェ

9月23日に開催した未来をつくるオンラインカフェは「介護現場に求められるチームマネジメントとは」というテーマで元アザレアンさなだ総合施設長で現在は日本社会事業大学大学院特任教授でいらっしゃる宮島渡さんにお話しを伺い、対話で共有しました。

ケアの質を向上させるためにはチーム力を上げていくことが欠かせません。介護医療の現場でどのような連携が必要なのか?宮島さんのお話と対話から、チームケアの原点に向き合うことができました。
チームの悩みはケアの現場で働く仲間が抱える共通の課題です。昨日はそれぞれが悩み葛藤している当事者として、活発に意見交換しました。意見の違いや対立をおそれず、成長の機会と捉えて、よりよいチームづくりをしていけたらいいですね。

今回は初めて職場研修の一環として5つの法人の方が計35名、共に学んで頂きました。カフェでの気づきを現場に還元して頂くよい機会につながればと思いますし、普段カフェにいらっしゃれない方もこのような形で参加して頂けることを嬉しく思います😊

ゲストの宮島渡さんをはじめ、運営協力やファシリテーター、グラレコの仲間たち、ご一緒頂いた皆様、ありがとうございました。miyajima

未来をつくるkaigoカフェ ファシリテーター講座 online  

※2020年9月20日現在、定員になりお申し込みを締め切らせて頂いています
Kaigoカフェファシリテーター講座 オンライン開催のご案内です
未来をつくるkaigoカフェを始めてから「自分の地域でもカフェのような場に参加したい」「自分の地域でも自分らしいコミュニティをつくりたい」という声を今までたくさん頂きました
私自身もこれまでカフェを開催していく中で、ますますケアの現場で働く人たちにとっても、地域の介護を良くしていくためにも、対話の必要性を感じるようになりました
2016年の4月に初めて「kaigoカフェのような対話の場を開きたい」という方のためのミーティングと実施のコツを学びたい方のための講座をスタートし、東京で半年に一度開催していました
2018年の6月からは、クラウドファンディングでテキストを作成させて頂き、各地で講座を開催し、2018年8月から2020年9月現在、15都市で開催し、東京、団体での開催合わせて約900名以上の方に受講頂きました
講座では、業界の課題や求められる視点、運営の経験とファシリテーションのコツについてお話させて頂きながら、各地の仲間が開催しているカフェやコミュニティの実例などもご紹介しつつ、対話を通じて「自分ならどんな場がつくれるのか」を見出して頂きます
コロナの影響により、地域のコミュニティ活動の多くは休止せざる得ない状況に置かれる中、オンラインも視野に入れながら、どのような場をつくることができるか?具体的なビジョンを共有し、実践につなげていける場にしたいと思っています
ご自身の所属の団体や地域、個人でカフェのような場を立ち上げたいと思っている方や地域と継続的にどのようなつながりをつくっていけばいいのか考えている方にとっても、今までの取り組みを振り返り、今後に活かす機会にして頂きたいと思っています。 この講座を通じて、介護やケアに関わる方が、広い視野持ち、新しい可能性を発信していくために、ともに考え、行動につなげていくことができたらと思っています
■日時
10月22日(木) 20:00~22:30
10月23日(金) 20:00~22:30
■場所  オンライン
zoomを使用いたします
オンラインでは初めての開催となります
■定員
30名
+再受講枠10名
■参加費 8000円(テキスト+郵送代込)
※過去に参加され、再受講される方は半額の4000円になります(テキストなし)
これまで各地で開催してきた講座はクラウドファンディングの支援を受けての価格設定になります
今回は東京で開催してきた講座のオンライン価格となります
■お申込み方法
イベントページの「参加する」を押して下さい
その後、ピーティックスのお申し込みをお願いいたします
関心のありそうな方へご紹介、シェアも歓迎いたします
講座を通じて、地域を超えた仲間とのつながりをつくることも大きな価値になります。コロナの影響を受ける中、地域を元気にするカフェの輪を広げていきたいと思っています
kaigoカフェファシリテーター講座の開催はオンラインでは今回が初めての開催となります
皆様のご参加、お待ちしています!
カフェファシリ講座 画像

 

9・5 未来をつくるDiversityカフェ online

9月5日は、未来をつくるDiversityカフェonlineでした。

今回の企画を開催しようと思ったのは、私を含めICTに関して苦手意識をもっているケアの現場の人が、気軽に参加でき、楽しく知ることができる場をつくりたい、と思ったことからでした。
daiba1
まずは知ることから、そして必要な人につなげる存在を増やしていきたい、と思いました。
利用者のニーズに沿ったケアを実現するために、もっと自然にアプリやシステムを資源の一つとして活かしていけるようになれたらいいですよね(^^)
コロナ渦において、孤立する在宅高齢者に向けて、若い人が操作など教え、コミュニケーションのきっかけになるICTは多世代交流を促す潤滑油としての役割も期待できます。
daiba2
ICTは新たな介護の側面としての魅力に溢れていますので、業界内外への発信をどんどんして頂きたいなと思いますし、これからも応援したいと思います。
昨日は運営をはじめ、ブース出展法人様、トークセッションの皆様、ブースレポートや対話のファシリテーター、振り返りを発信してくれた仲間には心から感謝します。多くの皆さんのご協力のおかげで楽しく充実した時間をつくることができました。
これからも業界の課題や必要なテーマを皆さんと楽しみながら共有していきたいと思っていますので引き続きよろしくお願いいたします😊
このイベントは、9月2日(水)〜8日(火)に渋谷ヒカリエ他にて開催される、「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」(通称:超福祉展)のサテライト会場として展開いたしました。

地域密着型kaigoの学校 夏期講座 第5日目

8月31日は地域密着型kaigoの学校夏期講座、最終日でした。
株式会社ぐるんとびー代表の菅原健介さんに、ぐるんとびーを立ち上げたきっかけや思い、チームや経営についての現状や課題をお話頂き、対話で共有しました。suga2
菅原さんは職員さんたちと圧倒的な対話量で、価値観のすり合わせをしていて、その時々の最適解を求めています。行動指針などを拝見しても、対話してきたからこその内容とわかります。
自分の頭で考えることを辞めない、を職員さんにはいつも伝えているとのこと。そこには濃厚な人間関係があり、自分と向き合うことをしてこなかった人はついていけない環境です。
老後お金が十分になくても、どのような場所があれば安心して年を取ることができるのか?地域とのつながりづくり、まちづくりについてもぐるんとびーの取り組みから考えさせられました。suga3
地域での関わりの難しさ、発信の難しさ、様々な問いをいつも投げかけてくれる菅原さんですが、私も様々な問いを頂き、改めて介護現場で働いている仲間たちともっと対話したい、と思いました。
これからも菅原さんらしい行動で、私達に新たな気づきの視点をもたらしてくれることを期待しています(😊)
ぐるんとびーはどんどん機能を増やして、今後は「村」にしていく予定とのこと。どんな村になるのか楽しみです。
菅原さん、ご一緒頂いた皆様、真夏の濃い1か月をご一緒できてとても充実した時間を過ごすことができました。
suga
夏期講座はこれで終了しますが、これからも地域密着型kaigoの学校は魅力的な地域づくりを担う取り組みを紹介し、介護に関わる人の選択肢を一つでも増やしていくきっかけを提供していきますので、これからもどうぞよろしくお願いします。