11・13 日本通所ケア研究大会

1113日は広島の福山で第15回日本通所ケア研究大会でした。

 

私は「利用者を支える仕組みづくり」というテーマでお話させて頂き、後半は地域とつながるためにできることは?というテーマでワークショップをしました。

 

今回のようなテーマでお話することは初めてだったのですが、カフェのゲストのお話と私なりの気づきを盛り込み、組み合わせて、後半の対話につながるようなお話をさせて頂きました。

私自身も地域づくりのヒントを頂けた貴重な機会に感謝です。

tuusyo

介護の学校前夜祭企画in尾道福祉専門学校

1112日には介護の学校前夜祭企画として広島の尾道福祉専門学校での出張kaigoカフェを開催しました。

尾道のご当地スイーツやクリスマスの装飾がリラックスした対話を後押ししてくれました。

専門学校の生徒さんや現場の介護職の方、他職種の方との対話の時間も充実した時間になりました。先生からは、普段ほとんど自分から話さない生徒さんが積極的にファシリテーターや発表などできて嬉しかった、他法人や多世代で語り合うことのよい点を実感できたとの感想を頂きました。

楽しい共有の機会に感謝です。onomichi

11・03 未来をつくるkaigoカフェin埼玉福祉専門学校

113日には埼玉福祉専門学校で出張kaigoカフェを開催しました。

今回は、介護との掛け合わせで未来を切り開くというテーマで前半にゲストにプレゼンして頂いた後、後半は「強みを活かして理想の介護施設をつくるには?」という題目で各テーブルごとに、どんな施設なら働きたいか?利用する立場だったらどんなところに住みたいか?など対話で共有しました。

カフェらしく、生徒さんにお気に入りのスイーツを持ち寄ってもらい、リラックスして対話できましたし、おもしろいアイデアもたくさんあがっていました。

「自分がこれから取り組みたいアクション」として学生さんが挙げてくれた一部を紹介します。

 

未来の介護を担う学生さんの思いに、私自身も初心に帰る機会になりましたし、介護の発信とともに、この思いが実現できるような環境づくりを同時に進めていくことができたらいいなと思いました(^-^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思いを言葉にしたい・利用者のやりたいことが行える施設がつくりたい・外部の講演や講義に積極的に参加し、自分の固定観念を取りたい・趣味や特技、利用者の好きなものを通じてレクリエーションを行い、そこから利用者を巻き込んで生きがいを見つけたい・周りを笑顔にしたい・介護ということだけに捉われないで視野を広げていきたい・kaigoカフェに参加したい・つながりを増やして楽しさにつなげたい・SNSなどで介護の良さを発信し少しでも興味をもってもらいたい・好きな音楽で何か実現したい・自分の住んでいる地域の介護施設のボランティアなどに積極的に関わりたい・利用者が笑顔でいられる居場所をつくりたい・理想の介護ができるよう一生懸命勉強したい・物事を柔軟に考えるようにしたい・シンデレラ城のような施設をつくりたい・利用者の方に介護を感じさせない介護がしたい・介護の知識を活かして幅広い分野で活用したい・自分の理想の施設をさらに想像したい・現場で活かせる特技をもちたい・色々な人とコミュニケーションを図り、どんな介護がしたいのか見つけたい・できない、無理という思考の壁をなくしていきたい・夢をもって介護をし、思いを実現できるよう行動したい

 saitama

未来をつくるkaigoカフェ×認知症online「未来をつくる認知症ケア」

1016日には、WEBサイト認知症onlineさんとのコラボレーション企画「未来をつくる認知症ケア」を開催しました。

 

これから認知症ケアに関わるものとしてどんな視点を持つ必要があるのか?ケアのあり方に向き合い、地域に向けてどんな働きかけが必要なのか、実践者の方からのお話をもとに広い視野で自分事として考え、明日につながるヒントを見出すことができました。

 

 

講演 ペホスさん アプロクリエイト代表 

「理由を探る認知症ケア」

 

対談 未来をつくる認知症ケア

ぺポス×高瀬 比左子

 

プレゼンテーション 私が考える認知症ケア 

工藤広伸さん 息子介護作家・ブロガー

市村幸美さん 認知症看護認定看護師

後藤京子さん 音楽の花束代表

阿部敦子さん 介護福祉士

川上陽那さん 介護福祉士

 

講演 前田隆行さん DAYS BLG! 町田市つながりの開代表

「認知症×地域づくり」

 DSC02076

10・04 未来をつくるkaigoカフェ

104日に開催した「未来をつくるkaigoカフェ」はstudio-L代表でコミュニティデザイナーの山崎亮さんをゲストに「人がつながるしくみをつくるには」というテーマでお話頂き、対話で共有しました。

 

他業種や住民とともに柔軟な発想で地域づくりを実現させていく醍醐味を、山崎さんの関わられてきた事例を通じて感じることができました。

 

生活のあらゆる場面で、アイデアをつなぎ合わせる視点を磨いていくことが必要で、生活を支える医療介護に関わる私達には、クリエイティブな発想を、様々なつながりや強みを活かして実現させていくことが求められていると感じました。

 

そして自分自身が仕事を含め生活全般を楽しむことが何よりも大切、というシンプルでありながらもつい忘れがちなことを、改めて気づかせて頂きました。

 

貴重な共有の時間をありがとうございました(^-^)

DSC01395