9・19 未来の働き方をつくるワークショップ

9月19日に開催した未来をつくるkaigoカフェは「未来の働き方をつくるワークショップ」として今の思いを棚卸し、新たな未来の働き方を考える場になりました。

忙しない日常に追われていると、自分自身を振り返ることが難しい現実がありますが、カフェではこのワークショップを通じて現状と課題に向き合い、解決の糸口を見つけ、小さなアクションの実現を後押しすることができればと思っていますし、これからも定期的に開催していく中で、未来の働き方の選択肢を増やしていけるような場にできたらと思っています。

_DSC6384

9・15 kaigoカフェファシリテーター講座in砺波

9月15日は富山県砺波市「となみ散居村ミュージアム」にてkaigoカフェファシリテーター講座でした。

砺波地方の伝統的家屋をモチーフとした建物と素敵な田園風景の中、介護の原点の思いやこれから取り組みたいことを共有できた貴重な機会になりました。

いつもお世話になっている佐藤伸彦先生、運営のご協力を頂いた雲井重人さん、ご一緒頂いた皆様、ありがとうございました。

再会を楽しみに、皆さんのアクションの共有、楽しみにしてます。

42462617_2041113192575858_1511668011033952256_n

8・26 kaigoカフェファシリテーター講座in名古屋

8月26日は未来をつくるkaigoカフェファシリテーター講座in名古屋でした。

定員をはるかに上回る50名以上の方にご参加頂き、対話を通じて、自分がつくりたいコミュニティについて向き合う機会を作って頂きました。

私自身も皆さんの熱い思いやパワーに圧倒されつつ、楽しく刺激的な時間になりました(^^)

これからも各地で講座を予定していますが、ゆるやかなつながりとアクションの後押しをしていきたいと思います。

41310707_2018084648212046_2056022439690764288_n

8・21 未来をつくるkaigoカフェ

40040066_2002061349814376_5594371009584037888_o

8月21日に開催した未来をつくるkaigoカフェは「介護医療現場に必要なマネージメントとは」というテーマで、お二人のゲストからお話を伺い、対話で共有しました。

理論と実践、両方の視点から今何が現場に足りないのか?具体的に向き合う時間になりました。

組織であれば当然取り組むべき課題が後回しになっている、それが介護現場の現実かもしれません。ただこれからはどれだけ今いる人材を大切にして、新しい人を集めるか?また利用者の満足も得られるのか?様々な創意工夫が求められているように思います。よりクリエイティブな発想をもった人や魅力ある人材が求められますし、その人達が辞めない組織体制をつくっていく必要があります。

抽象的なビジョンを具体的に掘り下げ、小さな変革の積み重ねをしていくことが求められていると感じました。

昨日も、ゲストのお話、カフェに参加してくださる皆さんの振り返りやコメントからたくさんの実践につながるヒントを頂きました。

ゲスト
社会福祉法人ひだまり 理事 介護環境アドバイザー 山下総司さん
株式会社IDO 代表取締役  NPO法人linkマネジメント代表理事 井戸和宏さん

共催 千代田区社会福祉協議会 かがやきプラザ研修センター

7・25 未来をつくるkaigoカフェ

37932889_1955783424442169_3786494643336642560_o
7月25日に開催した未来をつくるkaigoカフェは「食べること 生きること~食べられるまちづくりとは~」というテーマで、ふれあい歯科ごとう代表の五島朋幸さんに食支援を中心にした新宿でのまちづくりの実践についてお話頂いた後、対話で共有しました。

「食べるを支える」口では言うのは簡単ですが、目に見えない高度な専門性が必要になります。

多職種がそれぞれの専門性をしっかり発揮して、はじめて連携が成り立ちます。介護は専門職として、多職種に必要な情報を具体的な言葉で伝えられているでしょうか?

また、あらゆる職種にいえることかもしれませんが、栄養や嚥下などに関する知識不足も、食べることを諦める要因になっているかもしれません。

五島先生を始め、新宿の食支援チームは、先生の強力なリーダーシップのもと、プロの専門職の方が引き寄せられ、それぞれの強みを活かしている素晴らしい取り組みです。他の地域で同様の動きは難しくても、一人ひとりの行動を変容させていくことはできるはずですし、大規模なものでなく、小さなチームで成功事例をつくり、それを広げていくこと、「見つける、つなぐ、結果を出す→広げる」の流れをあちこちでつくっていくことで、きっと大きな流れがつくれるのではないかと思います。

リスクのために食事形態を下げることが私たちの役割ではないですね。いかに可能性を見つけ、少しでも食べる、さらに美味しく食べるの実現の後押しをすることができるかが私たちに求められています。

食支援を通じて、本当の意味で連携を実現させなければ、豊かな未来はつくれない、私も行動につなげたいと思います。

当日は様々な研究会のご紹介や嚥下食の試食などもさせて頂きました。まちづくりを食から考える貴重な機会に感謝です。

ゲスト ふれあい歯科ごとう 代表 五島朋幸さん
共催 新宿食支援研究会
協力 おうちで歯科 https://ouchide.lifull.net/