9・17 これからの医療・介護・福祉inうらそえ

9月17日には沖縄県浦添市にて「これからの医療・介護・福祉」~心でつながる地域の輪 未来の日本をつくるのはあなたです~が開催され、医療、介護それぞれの視点から、業界の現状と課題について共有しました。70625540_2627641283923043_7207586401276133376_o既存の価値観、当たり前を疑い、再定義していくために、どんな行動につなげることができるか?向き合って頂く機会になったのではないかと思いますし、新たなアクションを起こすには多職種はもちろん地域や地域を越えたつながりが欠かせないものであることを実感しました。70637517_2627641320589706_7883050195611549696_o

 

私も変化をしていくことを楽しみながら、リスクを恐れず挑戦していきたい、という気持ちを新たにしました。

主催のうらそえ介護福祉士会の皆さんとは、3年前に、カフェの本を読んでくれて東京まで訪ねてきてくれたことがきっかけでのご縁になりますが、それ以来、東京のカフェへの参加や、浦添でのファシリテーター講座開催など、行き来しながらのお付き合いが続いています。71268840_2627638203923351_3033887919195553792_o

これからも東京と沖縄、ともに学び成長していく機会をつくっていきながら、つながりの輪を少しづつ広げていくことができればいいなと思っています(^^)

今回の旅のコーディネートをしてくれた安保さん、与那覇さんはじめうらそえ介護福祉士会の皆さま、ご一緒頂いたすべてのみなさまに感謝です。豊かな時間をありがとうございました。

70603598_2627637560590082_2782279281772855296_n

9・8 未来をつくるsocialworkカフェ

9月8日に開催した「未来をつくるソーシャルワークカフェ」は、一時帰国しているツッチーこと土橋さんにベトナムの介護事情について紹介してもらい、日本で働く外国人の立場に立って、日本の介護を見つめる機会を頂きました。

70431313_2613586921995146_2548427555275276288_o

ベトナムはそもそも介護というの概念が一般市民にほとんど意識されておらず、看護に包括されている中で、どう介護の価値や専門性を発信していけるのか?日本の介護が世界に誇れるものは一体どのようなものなのか?などなど、向き合って考えることができました。ベトナムの介護施設の管理されすぎていない日常の様子などを拝見すると、日本は超高齢先進国といわれていますが、身近なところで見直していくことがたくさんあるのではないかと感じましたし、海外のよい事例を日本の現場に還元できる存在がこれからますます求められると感じました。71029534_2613590051994833_5819762161609605120_o

介護業界をソーシャルワークの視点でつなぎ合わせ、目の前の困りごとやニーズが満たせるような人が増えていくことができればと思いますし、私自身も微力ながら貢献できたらと思っています。ツッチーが昨年ハノイで始めた「世界をつなぐkaigoカフェ」も様々な資源をつなぐカフェになるのではと思っています😊

今回は超福祉展サテライト会場の「ソーシャルワークラボin原宿」にて開催しました。主催の東京福祉専門学校の堀先生はじめ、ブース出展していたカフェの仲間や学生ボランティアの方、カメラマンの高橋郁雄さん、ご一緒頂いた皆さま、ありがとうございました。

70145658_2613590395328132_8960968690623315968_o


9・7 未来をつくるkaigoカフェinさいたま

9月7日に開催した未来をつくるkaigoカフェは、「今、介護現場に求められる経営マネジメントの視点とは?」というテーマで3人のゲストからお話を伺い、対話で共有しました。

69794691_2599215823432256_3814179139238232064_o

地域包括ケアを軸にした、認知症ケアや自立支援、保険外サービスの取り組みなど、これからの経営マネジメントに必要なヒントがたくさん得られる場になりました。69610647_2599227336764438_7946569115492155392_o

共通するのは、目の前のニーズに真摯に向き合ってきた結果、事業が生まれていること、共生の地域づくりに向けて介護医療という枠組みを超えて、着実に地域の方たちの生きがいづくり、居場所づくりにつながっていること、そして経営者としての覚悟と信念が随所に感じられました。をリスクととらえるか?何も変化をしないリスクの大きさを実感するとともに、これからの超高齢社会を生き抜く上で様々な気づきを頂きました。69927531_2599255996761572_237434429302112256_o

今回は「介護福祉総合フェスティバルinさいたま」とのコラボ企画として開催しました。主催の一般社団法人 日本介護福祉経営人材教育協会の運営の皆さま、カメラマンの志甫直哉さん、ご一緒頂いた皆様、ありがとうございました。

 
ゲスト
北嶋史誉さん 株式会社エムダブルエス日高代表取締役
田中志子さん 医療法人大誠会理事長
直井誠さん 和が家グループ代表

コーディネーター 高瀬比左子 NPO法人未来をつくるkaigoカフェ代表

69943916_2599273336759838_5623797904998137856_n

8・28 多職種連携料理教室

8月28日に開催した多職種連携🍅料理教室。

介護福祉士、ケアマネジャー、作業療法士、管理栄養士、看護師、歯科医師、訪問診療医が集まり、みんなでクッキング。普通に調理した料理と、ギフモ社のデリソフターを使って、嚥下に優しい形態にしたものを食べ比べしたり。それぞれの視点からの意見交換もためになります。超高齢社会の日本で、いくつになっても好きな食事が家族と一緒にできるために。多職種連携で料理をつくるのも初めての経験でしたが楽しかったです😊


71238924_2605151886171983_5649928490321969152_n

【募集終了】10・14 kaigoカフェファシリテーター講座 

9月15日を持って、一旦お申し込みを締め切らせて頂いています

「kaigoカフェファシリテーター講座」のご案内です

カフェを始めてから「自分の地域でもカフェのような場に参加したい」「自分でも始めてみたい」という声を今までたくさん頂きました

私自身もこれまでカフェを開催していく中で、ますますケアの現場で働く人たちにとっても、地域の介護を良くしていくためにも、対話の必要性を感じるようになりました

2016年の4月に初めて「kaigoカフェのような対話の場を開きたい」という方のためのミーティングと実施のコツを学びたい方のための講座をスタートし、東京で5回開催しました。その後、2018年の6月から現在までクラウドファンティングにて講座のテキストと運営費のご支援を頂き、10都市で開催。1年で350名の方に受講頂き、新たなカフェも30以上立ち上がりました。

今回は、東京では1年4か月ぶりの開催ということで、各地での気づきや課題共有もさせて頂きつつ、今求められる視点や運営の経験とファシリテーションのコツについてお話させて頂きながら、対話を通じて「自分ならどんな場がつくれるのか」を見出してもらえる機会にできたらと思っています

ご自身の所属の団体や地域、個人でカフェのような場を立ち上げたいと思っている方やこれから地域と継続的にどのようなつながりをつくっていけばいいのか考えている方はもちろん、現在、コミュニティを運営されている方にとっても、今までの取り組みを振り返り、今後に活かす機会になると思います

介護に関わる方が、広い視野持ち、新しい可能性を発信していくために、ともに考え、行動につなげていく場にできたらと思っています

■日時 10月14日(祝) 10:00~17:00

■場所 東京都千代田区

詳細は追ってご案内いたします
■定員 30名

定員になり次第締め切らせて頂きます

■参加費 10000円(テキスト代込)ドリンク・スイーツ付き

※クラウドファンディングの支援は原則地方での開催のみに適用されますので東京は通常の価格での開催になります
様々な地域でカフェを継続的に開催していくには、質のよい情報交換のネットワークが求められます。これからも各地での講座の開催を通じて地域を元気にするカフェの輪を広げていきたいと思っています

■お申し込み

miraikaigocafe@gmail.com までお名前、所属、応募動機、メールアドレスをお送りください
皆様のご参加、お待ちしています!

32235691_1656326587815346_1595308500508999680_o