第2回「未来をつくるkaigoカフェ」

第2回のkaigoカフェは、「介護職の未来/介護職に替わるネーミングを考えよう」と題し、介護職の未来としまして、皆さんにご自身が取り組まれている事業やイベント、取り組みのお話を伺いました。それぞれの方の取り組みのお話を聞くことで、その方がどのような形で介護業界へ関わられているのか、また、今後どのようにその活動を進めて行こうとされているのか?自己紹介とともにお話頂くことでその入り口の部分を知る良い機会になったのではないかと思います。質問したり、話を進めていく中で、共通点や共感できる部分など参加者の方が感じとられた部分は様々だったのではないかと思います。
また、「介護職に替わるネーミングを考えよう!」では、田中義行さんがファシリテーターをして下さいました(^^)
模造紙のタイトルも田中さんらしい味わいのある文字で素敵でした♪
皆様が考えてきて下さったり、その場で考えて下さったもので、全部で51個になりました!

私の感想としましては、皆さまに共通していたと思うのは、介護職や介護に関わる人の楽しさや強みを引き出して介護業界に貢献したいと思っている点です。また、介護のかっこよさを様々な形で発信していくことやこころざしや信念を持った人が周りの人へ伝えていくことの大切さを非常に感じました。また、そのような思いをもった人達がゆるやかに連携していくことで、その輪の広がりが、介護業界の未来に貢献することにつながるのではないかと思いました。私自身も自分らしいフィールドでの挑戦をしてきたいと思いましたし、皆様の活動をこれからも応援していきたい、との思いを強くしました(^^)
皆様からも介護職の未来に必要と思われることなどご意見がございましたら伺いたいと思いますので、よろしくお願いします。

第1回「未来をつくるkaigoカフェ」オープニングイベント

池袋の「A.P.T. lounge(アプトラウンジ)」で開催されたオープニングイベントでは、介護職同士のつながりの場を主催、または関わられている方による座談会&交流を行いました。

座談会のゲストは田中義行さん、角田孝幸さん、古本真也さん、笠井直歩さん。

facebookのみでの告知にもかかわらず、多くの方々にお越しいただき、大盛況のうちに開催することができました。