第7回「未来をつくるkaigoカフェ」

4月16日に開催した「未来をつくるkaigoカフェ」は訪問診療医の佐々木淳さんに「もしも介護保険がなかったら」というテーマでお話頂いた後、各テーブルに分かれてワールドカフェ形式の対話で共有して頂きました。

当初、今回のテーマでの対話の発展性を考えた時、私自身としましても少々心もとない心境ではありましたが、そのような心配は全く必要ない程、皆様から様々 な視点、切り口からのお話があり、まだまだ時間がほしい、半日ぐらいかけてやりたい、などのご意見が出たり、テーマによる気づきや発見をさらに深めたいと思って頂けた方もいらっしゃり、大変嬉しく思っております。ここでの気づきを活かして自分らしい行動につなげていくことができたらいいなとも思っております。

今回「もしも介護保険がなかったら」というテーマを振り返ってみて、改めていくつかの視点を頂く中で、これからの高齢者の求めるニーズにマッチした新しいサービスを定着させるためにはどんな制度やしくみが必要なのか?また地域にある様々な強みを活かしきるためにはその資源をつなげる存在が必要で、それはどんなあり方が適切なのか?という点が特に意識していく必要がある視点ではないか、と感じました。

また、介護でも医療でも地域でも、どんな分野でも物事を一体的に見ていくことが必要で、介護に関しても、介護保険の枠組みだけで考えるのではなく社会保障全体、日本という国全体で見ていくことが大切で、いつも意識して持つ必要がある点ではないか、と感じました。これからも組織の中での枠組みや自分の専門分野だけに捉われず、広い視野を持って物事を複合的に見ていく目線を大切にできたらとの思いを強くしました。皆様と共有する中で大切な視点に改めて気づくことができ本当に感謝します(^^)

今回のようなテーマでゲストを引き受けて下さった佐々木さんには本当に感謝していますし、たくさんの刺激的な気づきや発想を頂けましたので、これからしっ かり自分の中で整理していきたいと思っております。佐々木さん始め、参加して下さった皆様、充実した対話の時間を本当にありがとうございました(^- ^)/

第6回「未来をつくるkaigoカフェ」

3月6日に開催予定の未来をつくるkaigoカフェは生活プランをテーマに皆様自身のプランをシェアして頂きました。何故、カフェのテーマを生活プランにしたかと申しますと、忙しい毎日を過ごしていると、あっという間に半年、一年が過ぎてしまい、自分のやりたいことやありたい姿が何なのか?考える余裕すらないのが現実だと思います。そんな働きざかり世代の私達も目的意識を持って自分なりに思い描く未来を実現させていく必要があるのではないか、要介護者の方の強みを活かし生活の質を高めるための生活プランは、私達介護職や介護に関わる人にとっても大切な発想ではないか、と感じていました。

プランの内容としては、組織の中での目標や型どおりのアクションプランではなく、仕事でもプライベートでも今、自分が一番優先的に実現させたいことを設定して頂きました。目標の大きさは問題ではなく、それを実現させたいという思いが大切だと思っています。それに取り組むことで自分自身や周りの人達が豊かになり、未来の自分が楽しみになる、そんなお手伝いができたらと思っています(^ ^)

第5回「未来をつくるkaigoカフェ」

1月16日に開催した「未来をつくるkaigoカフェ」は、介護ホッとステーション・クローバー、 教育アドバイザーの山下総司さんに「組織における環境づくり」というテーマでお話を頂いた後、各テーブルに分かれてのワールドカフェ形式の対話でそれぞれ の思いを共有して頂きました。

環境というとこれまでは外部環境のイメージが強くありましたが、それだけではなく人の内面的な部分や信頼関係、コミュニケーション、言葉遣いなど多岐にわ たる部分を考えていくことが大切であることを再確認させて頂きました。これから頂いたキーワードの一つひとつをゆっくり時間をかけて考えていきたいと思い ます。

今回、未来をつくるkaigoカフェにて「環境づくり」というテーマを頂き、話し合ってみて、これから個人として組織として取り組む必要があることを再認識するよい機会を頂きました。

環境をつくるのは自分自身、という視点で見た時、私がすぐにできることとして、上司や部下、同僚に対してちょっとした相手を気づかえる一言がかけられるかどうか、という点がありました。自分の主張したいことや仕事ばかりを優先して、今相手がどんな状況なのか、相手の立場や気持ちを察することが十分できていなかったのではないか、とも感じました。

お互いを思いやる言葉かけの連鎖が素敵な環境をつくることにつながるのだということを実感しました。

大切なことを話し合いの中で気づかせて頂けたことに本当に感謝いたします(^ ^)

第4回「未来をつくるkaigoカフェ」

11月30日に開催した未来をつくるkaigoカフェは、前半は自己紹介とともに、お誕生日にまつわるエピソードも交えながら介護との関わりや介護の魅力についてお話を伺い、後半は3グループに分かれて、それぞれこれからどんな風にその魅力を伝えていきたいか?を自由な話合いのもと共有し、最後にお一人おひとりにこれからどんな風に伝えていきたいかを宣言して頂きました。

介護職の魅力、という温かいテーマで皆様と場を共有することができ、大変貴重な機会を頂きました。ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました(^^)

お話頂いた内容の一部をご紹介します(^^)

・介護職の人は、熱い思いを持っている人が多い。自分のことを過小評価する人が多いが、絆、明るさ、横のつながりが魅力
・高齢の方との1対1の関わり、コミュニケーションが魅力
・学ぶ姿勢があればいろいろ吸収できるところが魅力
・いろんな人と関われることが魅力
・人生のフィナーレに関われるところがやりがいにつながり魅力
・介護の魅力は2つ。1つは意外と楽しい、もう一つは介護で働く女性が実年齢と見た目年齢の差が大きい、若く見える、自分のお仕事にホコリを持っていて、生き生きしている
・在宅介護をやったときに育てられたなと思った、凄い仕事なのに低く見られている、魅力は、「ありがとう」と言われてからやめられない
・デイで働いていて、傷つくこともあるがやりがいがある
・介護職の魅力は単純に楽しいから、しがみつくつもりもなく、天職だとも思わない、楽しいからやる、この楽しさを伝えたい
・介護職を、知らない人に、こんなにやりがいを感じて働いているひとがいることを伝えたい
・この仕事に誇りをもっている、実際できることが少ないが対人援助を100%できなくても少しでもできるようにしたいと思う仕事
・一人ひとりに慣れてしまわないように「心の中の言葉を聞くこと」が大切
・認知症の方を寝てもらうために、添い寝した、トンととトン。子育てにも通じるところがある
・昔の日本の話、おばあちゃんの知恵袋を知ることができた、20代で経験できたのはよかった、一般的には3Kと言われているが、やりがいがあって奥が深く人間的に成長できる仕事であることを伝えたい
・介護職は、いつもいいひとでなくてもいいと思う、そういう発信もしていきたい
・介護の人は発信をしない人が多い、発信していくことが魅力につながる
・問題意識が高い人はまだまだ少ないと思う、嫌なことがあると逃げちゃうひともいる、いい業界なのにもったいない、魅力ははたから言っても伝わらない、思いを持った人が伝えていく必要がある

それぞれのご経験からのお話は、時間がいくらあっても足りないぐらいでした。またゆっくりお聞きしたいです(^^)

第3回「未来をつくるkaigoカフェ」

10月31日の未来をつくるkaigoカフェは、理学療法士の田中義行さんに「障がいとは何か?」というテーマでお話をして頂き、そのお話をもとに皆様とワールドカフェ形式での自由な話し合いの中で様々な気づきを共有させて頂きました。

理学療法的なアプローチからの障がいについての考え方、またその言葉の持つ意味やこれまでの価値観、イメージなどから発想を広げ、幅広く障がいについて考える貴重な機会になりました。障がい、と一言で言っても、本当に様々な捉え方があり奥が深いなあと改めて感じるとともに、これからじっくりゆっくり熟成させながら考えていきたいテーマだと思いました。