第18回 未来をつくるkaigoカフェ

3月19日に開催した未来をつくるkaigoカフェは、練馬キングスガーデンさんにて、「介護職の離職」をテーマに人材派遣会社、特別養護老人ホーム、福祉専門学校に関わる3人のゲストのお話を聞いた後、皆さまと対話を通じて共有させて頂きました。

3人のゲストの異なる視点からのお話は、改めて広い視野を持って業界全体を見ていく必要性を感じるとともに、組織化することのメリットとデメリット、自分の強みとなるものを磨いていける環境づくり、どこでも通用できる人材になるための専門性とは、自立した主体性を持った人材の育成など、介護業界だけにとどまらない多くの課題意識を頂きました。

またkaigoカフェのような肩書や役職、職種や業種を抜きに対話をする機会は、組織の内側への関心を外の世界へ向かわせるとともに、これからの業界をより前向きで発展的な方向へ向かわせるためには必要不可欠な機会ではないか、ということを改めて実感しました。

これからも頂いた気づきをもとに、離職を減らすためには、というテーマを継続的に考えていきたいと思います。

今回のスイーツは柿の種チョコ、パウンドケーキ、林檎せんべい。それぞれゲストの個性が素敵な、嬉しく美味しいひとときでした(^_^)

第17回 未来をつくるkaigoカフェ 特別企画

 

日中に日比谷公会堂で開催した「第7回日本の福祉現場力を高める研究大会」との連動企画として、医療福祉業界で自分らしく未来を切り開いている方のプランの公表と交流会を開催しました。足元の悪い中、たくさんの方にお越し頂き、改めて介護に対して温かい気持ちを持った皆さまに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

未来をつくるkaigoカフェ 「第7回 日本の福祉現場力を高める研究大会」

2月15日に開催された「第7回 日本の福祉現場力を高める研究大会」で「対話が福祉の未来をつくる」というテーマでkaigoカフェの取り組みについてご紹介させて頂きました。

日比谷公会堂という広い会場をひとときkaigoカフェのようなリラックスした対話を楽しんで頂きながら、以前カフェでプランを公表頂いた方や在学中の学生さんにも生活プランを公表して頂きました。そして会場の皆さまにも、これから取り組みたい夢や目標をプランとして記入して頂き、最後には記入頂いた用紙を掲げ、会場全体が一体となって夢の共有をすることができました。福祉の未来は明るいと確信できた瞬間でした。素敵な機会を頂けたことを本当に感謝したいと思います(^^)