「未来をつくるkaigoカフェ2周年企画」

未来をつくるkaigoカフェは2年前の春、対話を通じて介護にかかわる方同士の気づきやつながりの場を始めたい、とfacebookを通じて呼びかけたことからスタートしました。介護にまつわる日々の投稿から共感してくれる方やカフェの活動に関心を持って下さった数人の賛同者からスタートしたカフェが、2年経ち、こんなにも多くの皆さまとのご縁を頂ける場になるとは、私自身も想像していませんでした

お越し頂いた方から、また新たなご縁がつながり、前向きな介護職や介護に関わる方同士の学びや気づき、つながりの場となれていることを本当に嬉しく思っていますし、これもひとえに皆さまのおかげと感謝の気持ちで一杯です。カフェはこの1年間で認知症や食事、音楽、介護に必要な発想、離職、小規模多機能、ナラティブなど、介護を語るには欠かせないテーマを取り上げてきました。そのようなテーマを通じて、介護の本質について考える機会や、日常では忘れがちな初心に帰ること、当たり前と言われることを振り返ることの大切さ、など様々な気づきを頂いています。また、お越し頂いた方からも、一般的な研修やセミナーでは得られない学びや出会いがある、自分を組織の外側から客観的に見る機会になる、カフェでの出会いがつながり、地域や仕事上でも様々なかたちで活かされているなどの声を頂いています

これからもカフェでは、介護の奥深さ、本質を理解し、介護の世界に愛着と誇りを持って働く人を増やし、対話を通じての学びからファシリテータ―型のリーダーの創出に貢献したいと思っています。また、閉塞感のある業界の中で、他職種の連携を促せるような風通しのよい場であるために、しがらみや役職などと関係のない世界で純粋な対話を通じてのつながりがつくれる場を引き続きつくっていきたいと思っています。そして介護の3Kに代表されるような世の中から持たれているマイナスのイメージをカフェの活動を通じて、主体的に変えていけるよう発信をしていきます

最近では、カフェのことを知った介護に関わる方や介護家族の方が、自分も同じような場を始めたい、と連絡を頂くことも増えている中で、私自身がお伝えできることやご協力できることはさせて頂きつつ、介護業界における対話の場づくりにも貢献していきたいと思いますし、これからもkaigoカフェらしさを活かしつつ、皆さまのご協力を頂きながら、2周年を迎えるカフェをますます進化、発展させていくことができたらと思っていますので今後ともどうぞよろしくお願いいたします

 

 

「未来をつくるkaigoカフェ in Ammicco」 

7月7日に開催した未来をつくるkaigoカフェは、「未来をつくるkaigoカフェ in Ammicco」 として三浦祐一さんの社会福祉法人天佑の運営する特別養護老人ホームアンミッコさんでホームの説明や館内見学、お食事の試食をさせて頂いた後、各テーブルに分かれてアンミッコさんでトライしてほしいサービスを対話を通じて自由な発想で共有させて頂きました

アンミッコさんの今取り組まれていることをふまえて、地域へ向けて、また従業員の方や入居者の方へ向けて、非日常のイベントや出張サービスとして、など様々な視点からのアイデアが出るとともに、自分だったらこんなサービスが受けてみたい、とか、自分の施設ならどうしたい、等と置き換えて考えることにもつながり、とても新鮮な気づきを得ることができました

そして最後には七夕ということで、アンミッコさんでぜひ実現してほしいという企画を短冊に書いて、飾らせて頂きました(^^)

今回、このような企画を開催する機会を頂いた三浦さんを始め、ご準備その他お忙しい中にもお時間を割いてご協力頂いた従業員の方、また平日にも関わらずご一緒して頂いた皆さまには本当に感謝したいと思います

第21回 未来をつくるkaigoカフェ

6月23日に開催した未来をつくるkaigoカフェは「ナラティブ」をテーマにゲストにお話を伺った後、対話を通じて皆さまと共有させて頂きました

3人のゲストからは、強みを引き出していくICFの視点を持つことの必要性や、施設経営の立場から看取りのための他職種連携の在り方、家族との関わり方や職員の死の準備教育について、社会構成主義やナラティブについて実例を示しながら、医師としてのあり方や患者さんとの対話を通じて生まれる関係性など、様々なお話をお聞きでき、幅広くナラティブについて考える機会を頂きました

ゲストのお話を聞いて、皆さまと共有させて頂く中で、ナラティブという考え方や姿勢について、今まで曖昧な解釈だったものが少しはっきりとした輪郭を見せてくれた部分とまだまだ霧がかかったような部分と、どちらもありつつも、そのような白黒つけにくい、正解は一つではないところがテーマとして対話の奥行が増した理由の一つではないかと思います

今回はカフェにお越しの皆さまとともに、東京で訪問診療をされている悠翔会の医師や看護師、スタッフの皆さまも一緒にテーマについて共有させて頂く中で、改めてナラティブを実現するには、他職種間のフラットな話合いの場が欠かせないのでは、との思いを強くしました。このような素敵な機会に感謝します(^^)