2・19 未来をつくるkaigoカフェ 特別企画

「第9回 日本の福祉現場力を高める研究大会」との連動企画として開催した夜のカフェも皆さまのおかげで充実した楽しい時間になりました。

第2部の「地域社会で求められる介護の専門性とは」というセッションでご一緒したパネリストの皆さまと、当日の振り返りや感想、質問などお越しの皆さまとやりとりしながら、またテーマについてのプレゼンなどもして頂きつつ、さらに深める機会になりました。

北は北海道から南は佐賀まで、熱い思いが集まり、介護の未来をつくるための大きな力を頂くことができました(^^)

平日にも関わらず、日中からたくさんの方とご一緒させて頂き、本当にありがとうございました。

12733656_1080238371996683_1916455458546167172_n

第9回 日本の福祉現場力を高める研究大会~未来の社会は介護現場から創る~

 

2月19日、日比谷公会堂で「第9回日本の福祉現場力を高める研究大会」~未来の社会は介護現場から創る~というテーマで開催されました。

一部、二部ともに、たくさんの刺激と明日からのパワーを頂くことができました。

二部の「地域社会に求められる介護の専門性とは」というテーマでは、これからの介護に必要な視点を凝縮してお伝えして頂くとともに、介護の未来は誰かのせいにするのでも、誰かに任せるのでもなく、自分がつくるんだという思いを共有することができました(^^)

 

まずは、初めの一歩を踏み出すことから始まり、その小さな積み重ねを実践していくことが、長い目で見て、地域で本当に求められる介護の専門性につながるのではないかと感じました。
改めて素敵な時間をご一緒頂いた皆さま、本当にありがとうございました。

パネリストの方のスモールアクションの提案。今すぐにでも取り組める始めの一歩につながれば、と思います。
加藤忠相さん 「認知症の人と一緒に何かをする」
下河原忠道さん 「プロジェクトを主体的に動かす」
徳田雄人さん 「ラン伴に参加する」
馬場拓也さん 「できない理由を探さない」
町亜聖さん 「地域で働くという発想を持つ」
高瀬比左子 「外と繋がるためにSNSを始める」12744388_1078993458787841_6249778734457365533_n

第9回 日本の福祉現場力を高める研究大会

12715298_1075373242483196_6862133300057477811_n毎年2月に日比谷公会堂で開催している「日本の福祉現場力を高める研究大会」

第9回目となる今回は2月19日に『未来の社会は介護現場から創る』~超高齢社会をデザインする「問題解決力」とは~ というテーマで開催されます。

私は『地域社会で求められる介護に必要な専門性とは?』というテーマでコーディネーターをさせて頂きます。

未来を担い、未来を創る介護職にはどのような視点が必要か、そして明日からどのような行動につなげていくことができるのか、皆さんとともに考える機会になればと思っています。

どなたでも参加できるイベントですので、下記リンクよりお申込みできます。現在一般参加の700名を超える方にお申込み頂いています。いつも応援して頂いている方はもちろん、ご都合が合う方はぜひ(^^)

当日、ご一緒できることを楽しみにしています。

 

2・13 未来をつくるkaigoカフェ 出張企画

2月13日に開催した「未来をつくるkaigoカフェ出張企画」は、5年生120人に向けて、初の認知症サポーター養成講座を開催しました。

劇やクイズ、対話など、双方向のやり取りをしながら楽しく進行できました。

子供達もオレンジリングを手に喜んでいましたし、土曜日の学校公開の授業で父母の方に見て頂けたのも良かったです。

 

キャラバンメイトの木村誠さん、おじいさん役に戸田智さん、小学生役に加藤有香さん、ご協力頂いた先生方、楽しい時間をありがとうございました(^^)12734169_914171162030896_5889542399301803766_n

もっと見る

未来をつくるkaigoカフェ×埼玉福祉専門学校

2月8日に開催した未来をつくるkaigoカフェは埼玉福祉専門学校の介護福祉科の1、2年生に、介護の仕事やカフェの取り組みについて、グループワークも交えてお話をしてきました。

専門学校に通う学生さんに介護の仕事を志そうと思ったきっかけや若い時から介護の仕事につくことで得られる価値についてなど、ぜひ聞きたいと思っていた話も聞くことができました。

自分の強みを活かして介護の仕事に取り組みたい、改めて介護の仕事の本質を再確認できた、カフェにもぜひ参加してみたい、という前向きな感想をたくさん頂きとても嬉しかったです。

写真1貴重な共有の時間をありがとうございました。