【募集開始】2・26 未来をつくる私たちの働き方~自分らしい働き方を見つけるには~

2月に開催する企画のご案内です。

 

2月26日に、未来をつくる私たちの働き方~自分らしい働き方を見つけるには~というテーマで、介護医療に関わる5名のプレゼンターの皆さんから、思いを形にするために努力したことや仕事とプライベートの両立、毎日を楽しむ秘訣なども伺いつつ、対話を通じて自分らしい働き方ついてともに向き合うことができたらと思っています。

 

コロナの自粛により、人とのつながりも希薄になり、気持ちも後ろ向きになりやすい毎日ですが、バイタリティ溢れるプレゼンターの皆さんから明日への活力と思いを次のステップへと進めるヒントを頂けたらと思っています。

 

ご都合がつく方はぜひご一緒できればと思います😊

https://work-lifestyle-cafe.peatix.com/

スクリーンショット (964)

1・27 未来をつくるオンラインカフェ

1月27日に開催した未来をつくるオンラインカフェはゲストのものがたり診療所所長、医療法人社団ナラティブホーム 理事長の佐藤伸彦さんに、昨年11月にオープンした「ものがたりの街」設立にいたるきっかけや、今後について等のお話を伺い、「ものがたりのある街をつくるには」というテーマで、対話で共有しました。
143304671_3616038965177422_1336742432651192141_n
お写真や映像で見せて頂いたものがたりの街はスエーデンハウスと伝統的な蔵が自然と溶け込んでいて素敵でしたし、住民や学生との協働のジオラマづくりや撮影会など、素敵なストーリー動画も拝見でき、心が満たされる時間でした。
 143522234_3616039305177388_1337316491006890149_n街はつくるものではなく、住民みんなで作り上げていくもの、ものがたりの街はプラットフォームづくり、どんなアプリが動くかそこが知恵の出しどころということで、現在行っているものがたりの街での取り組みを伺いつつ、後半の対話ではどんな取り組み、仕掛けがあるといいのか?等みなで意見交換し、アイデアを出し合いました。
新しいことを始めるモチベーションの源泉についてもお話を伺うことができ、とても参考になりましたし、コロナだからこそみんなで安心して住める場所をつくらなくては、という先生の言葉が印象的でした。
 佐藤先生始め、ご一緒頂いたみなさま、ありがとうございました。これからも、求められる街づくりの在り方をみなさんとともに考えていけたらと思います。
143218586_3616039255177393_3470987149388978956_n

1・19「人生100年時代をいつまでもいきいきと過ごすために」

今日は「人生100年時代をいつまでもいきいきと過ごすために」のセミナーの第2回目でした。
今回は「地域デビューで輝くシニアライフ」というテーマで、アモールファティの羽吹さゆりさんと、一緒に活動されている川崎さん、諏訪さんに、地域活動に関わるまでの経験から、現在、これからについてなどお話を伺いました。

139972003_3591085651006087_8742189890014536904_n

前半の羽吹さんのお話では、30代の頃、一度に4人の在宅介護をする経験から介護現場で働くまでのお話の中で、尊敬する先輩に介護の仕事は人生に役立つ仕事だからと勧められ始めてみることにした、という話が印象に残りました。きっと素敵な後ろ姿を見せられる先輩だったのだと思いますが、そのような存在が増えていき、身近な周りの人を巻き込んでいけたら業界へ関心を持つ人が増えてくるのではないかと感じました。

 

後半には、地域の活動へ出ていくまでのハードルをどう下げられるか、連れ出してくれる人や一緒に取り組める仲間の必要性、ときめき未来カフェでのご縁つなぎ、地域や高齢者施設での活動のやりがい、ライフスタイルや価値観がどう変わったのか?等、様々な視点から地域での活動のヒントが頂けました。地域の方と必要な資源をつなぐおせっかいおばさんが必要というお話も、まさに今、求められている存在だと感じました。

139983268_3591085774339408_4940845202161847886_n

人生100年時代に必要なのは、新しく多世代の友達をつくる力というキーワードも頂きました。

たくさんお寄せ頂いた質問にもゆっくり答えて頂き、前向きに行動につなげたい、という気持ちを後押しできる場になったのではないかと思います。

ご一緒頂いたみなさま、ありがとうございました。引き続き3回の講座もよろしくお願いいたします。

 

 

1・9 未来をつくるオンライン見学会

1月9日は社会福祉法人愛川舜寿会 ミノワホームと、カミヤト凸凹保育園のオンライン見学会を開催させて頂きました。

常務理事の馬場拓也さんのナビゲートで、特養の壁を壊してつくった庭や建築の工夫、職員さんへのインタビュー等、丁寧に紹介して下さり、地域とのつながり方や特養のこれからのあり方について様々なヒントを頂くことができました。
137065604_3563280770453242_7455234636707894502_n
従来型の特養に手を加えて、どのように今のニーズに合った形へ変えていけるのか、多くの施設でも課題となっている部分は参考になるものでした。
馬場さんのお話で、大切なのは風土をつくっていくこと、という言葉が印象に残りました。風土は簡単につくれるものではありません。だんだんと定着していくものだと思います。時間をかけて関係性をつくっていらしたことが伝わってきました。
職員さんや入居者の方への声かけも、普段からされているからこその温かみがあり、トップの方が見守り、気にかけてくれることがやはり必要だと感じました。
終了時間以降も、たっぷりご質問に答えて頂いた馬場さんはじめ、新年ご一緒頂いた皆様、ありがとうございました。

また今年も、ともに楽しく学び、つながれる場をつくっていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします😊

137004328_3563280567119929_73801192973548686_n