4・27 未来をつくるkaigoカフェ

LINEで送る

4月27日に開催した未来をつくるkaigoカフェは「豊かな未来のための選択肢を増やすには」というテーマで、「自分らしく働く」を実現するために、今の働き方をどのように変えていく必要があるのか?新たな働き方を見出した医療福祉に限らず、思いをもって活動されている方にインタビューしつつ、これから求められる豊かな未来や地域をつくる働き方について、対話を中心に共有しました。

今回はNPO法人二枚目の名刺さまとのコラボ企画として開催しましたが、今回の企画に至る経緯としては、カフェでも昨年から「介護職の始まりの名刺づくり応援プロジェクト」をスタートしており、この趣旨に共感して頂いたことがきっかけの一つとなり実現しました。

みなさんのお話の中で、これからの時代は自分がやりたいことをいかに言語化し、周囲の人に共感してもらい、実現に向けてアクションが起こせるかということにかかっている、ということがわかりました。 自分の法人のことだけ、介護のことだけしか知らない、では豊かな未来は作れないということ、人生プランを考えていく中で、ときに立ち止まり、自身の仕事とプライベートを合わせてしっかり向き合って考える時間をつくること、いくつからでも思いをもって実現する意欲がある人に未来の扉は開かれている、ということを感じました。

カフェのプロジェクトを通じて、社会へ自信を持って発信し、つながっていくことができる介護職の後押しができたらと思っています。 最後にみなさんと「これから自分が持ちたい肩書は?」というテーマで一人一人A4の用紙に記入して頂きシェアしましたが、皆さんの思いが詰まった素敵な肩書=ネーミングを伺うことができ、前向きな思いにあふれた、温かい時間になりました。

 

_DSC6047

NPO法人 二枚目の名刺 代表の廣さんと

 

始まりの名刺づくりに関心のある方や応援したいという個人、法人様がいらしたらぜひお声かけ頂きたいと思います。これからも継続的にこの活動が行えるように考えていきたいと思っていますし、地域社会と介護がつながっていける可能性を模索していきたいと思いますので、ぜひみなさまも一緒によろしくお願いいたします。