5・22 未来をつくるkaigoカフェ

LINEで送る

5月22日に開催した未来をつくるkaigoカフェはACP(アドバンス・ケア・プランニング)の理解を深めるため、ゲストの医療法人社団悠翔会 理事長佐々木淳さんにお話を伺った後、もしバナかしましシスターズの皆さまに進行やグラフィックファシリテーションのご協力を頂き、「もしバナカードゲーム」を活用したワークショップで共有しました。

61278599_2402801243073716_3801613078542417920_o

61913185_2402801446407029_6650586120021082112_o

もしバナカードゲームとは余命半年という設定で、人生の最終段階で大切にしたいことをカードを利用して取捨選択していくゲームです。自分自身の価値観をゲームを通じて客観的に見ることができ、他の方の選択からも、様々な気づきが得られます。一般の人が、人生の最終段階をあまり重くないゲーム形式でシミュレーションできますし、ケアに関わる私たちがファシリテーターになりACPを身近に知って頂くためのツールとしてとてもよいものと感じました。今回たくさんのカフェの仲間から実際に自分たちの地域でもやってみたい、との声が上がっていましたので、また各地での開催報告がお伺い出来るのではないかと楽しみです。

佐々木先生、もしバナ関係者の皆さま、共催して頂いた生活を支える看護師の会の皆さま、カメラマンの高橋郁雄さん、いつも運営を協力してくれるカフェの仲間たち、ご一緒頂いた皆さま、ありがとうございました。

61214306_2402801619740345_9050603099017707520_o