6・29 未来をつくるオンラインカフェ

LINEで送る

6月29日に開催した未来をつくるオンラインkaigoカフェは、「これからの地域づくりに求められるものは?」というテーマで、地域密着で介護福祉事業に取り組まれている4名の方に現在の取り組みのお話を伺いつつ、今後ソーシャルディスタンスとケアをどのように両立していくか、対話で共有しました。

 

ソーシャルディスタンスとケアの両立については、介護医療の現場に関わるものとして、できる準備は怠らず社会とのつながりをどのように再開していくか、地域共生社会を目指し、多様な世代が集まる場をつくってきたからこそ、いざという時助け合えることがあるはずですし、リアルに会える機会も少しづつ再開し、地道につながりを維持していくことが大切ではないか、と思いました。

 

今年に入ってカフェでは、1月と3月そして6月と、「地域と関わる」「地域で働く」をテーマに開催してきました。

これからも皆さんと一緒に地域でできることを考えていきたいですし、私自身も「参加したい」「学びたい」と思える、わくわくする場を作っていきたいと思っています。

naoiwatanabemasuda simozaawa