9・5 未来をつくるDiversityカフェ online

LINEで送る

9月5日は、未来をつくるDiversityカフェonlineでした。

今回の企画を開催しようと思ったのは、私を含めICTに関して苦手意識をもっているケアの現場の人が、気軽に参加でき、楽しく知ることができる場をつくりたい、と思ったことからでした。
daiba1
まずは知ることから、そして必要な人につなげる存在を増やしていきたい、と思いました。
利用者のニーズに沿ったケアを実現するために、もっと自然にアプリやシステムを資源の一つとして活かしていけるようになれたらいいですよね(^^)
コロナ渦において、孤立する在宅高齢者に向けて、若い人が操作など教え、コミュニケーションのきっかけになるICTは多世代交流を促す潤滑油としての役割も期待できます。
daiba2
ICTは新たな介護の側面としての魅力に溢れていますので、業界内外への発信をどんどんして頂きたいなと思いますし、これからも応援したいと思います。
昨日は運営をはじめ、ブース出展法人様、トークセッションの皆様、ブースレポートや対話のファシリテーター、振り返りを発信してくれた仲間には心から感謝します。多くの皆さんのご協力のおかげで楽しく充実した時間をつくることができました。
これからも業界の課題や必要なテーマを皆さんと楽しみながら共有していきたいと思っていますので引き続きよろしくお願いいたします😊
このイベントは、9月2日(水)〜8日(火)に渋谷ヒカリエ他にて開催される、「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」(通称:超福祉展)のサテライト会場として展開いたしました。