「人生100年時代をいつまでもいきいきと過ごすために」

LINEで送る

12月22日は「人生100年時代をいつまでもいきいきと過ごすために」というテーマでオンラインセミナーの第一回目でした。

人生100年時代と言われて久しいですが、元気な高齢者の方に、介護の仕事をいかに身近に感じてもらえ、定年後や子育て後の職業選択の一つにつなげていけるか?という点は超高齢社会の大きな課題の一つになります。

前半はコロナ禍でも元気に過ごすための簡単なエクササイズを教えて頂き、後半は埼玉で介護事業を営まれている直井誠さんと、スタッフの林さんに、介護予防の取り組みや、ショッピングセンターでの買い物リハビリの効用について等、お話を伺いました。
132802334_3518617104919609_3684098377623167707_n
林さんは、直井さんの事業所で勤続10年ベテランですが、60歳を過ぎた今も、少し先を行く高齢者の方との関わりからエネルギーをもらい、ケアする側という意識ではなく、持ちつ持たれつのような関係を築かれていて、それがやりがいになっているとのこと。
直井さんと林さんの息のあった掛け合いも、まるで親子のように見える場面もあり、コミュニケーションが良好な職場であること、地域の多様な世代の方と関係性が築けることも魅力の一つであること等が視聴者の方にも伝わったのでは、と思います。
この講座は5回連続講座として来年も配信を予定しています。
今後も介護現場には、お元気な高齢者の方の活躍できるフィールドがたくさんあるということを、さまざまな角度からお伝えしていけたらと思いますので、よろしくお願いいたします(^^)
132044893_3518616991586287_4602403913772198818_n