1・28 「人生100年時代をいきいきと過ごすために」

LINEで送る

1月28日は「人生100年時代をいつまでもいきいきと過ごすために」のセミナーの第3回目でした。
今回は「趣味を活かして地域広がる交流」というテーマで、セルフケアネットワーク代表の髙本真左子さんと、一緒に活動されている市川さん、廣田さんに、高齢者施設や地域活動に関わる中での経験についてなどお話を伺いました。

IMG_6580

 

前半の髙本さんのお話では、過去に空間コーディネートのお仕事をされていた髙本さんが乳がんになってから、仕事として取り組んでいたことを人にも活かしていきたい、と思ったところから今の活動へつながったこと。高齢者施設での五感を使ったワークショップや地域で開催しているセルフケアカフェやグリーフワークの取り組みの実践例などをご紹介頂きました。

 

 

後半はお2人も交えて、高齢者施設の活動で得られることや趣味を生かして社会を繋がるための秘訣などを伺いました。

 

IMG_6773

 

廣田さんが1年間、ラジオ体操会の取りまとめ役をされていたご経験のお話で、まずは自分と1年間継続するという約束をする。それが毎日の習慣、日課になるうちにだんだんと楽しさも見出せ、つながりもできてくる、ということを話されていて、まずは期間を決めてやってみる、ということの大切さを実感しました。

ご一緒頂いたみなさま、ありがとうございました。引き続きよろしくお願いいたします。