6・7 未来をつくるkaigoカフェ

LINEで送る

67日に開催した未来をつくるkaigoカフェはVR(バーチャルリアリティー)認知症で一人称体験をしていただくカフェでした。

                         

4つの作品を見て頂き、それぞれ対話で共有しましたが、相手の立場を理解する、口では簡単に言えても、頭でわかったつもりになっていても、そう簡単にはできないものです。

 

VRという新しい媒体を使って、認知症の人の気持ちや立場を考える、想像力を働かせることの意味や大切さを改めて実感しました。

 

ますます可能性が広がっていくVRがこれからも楽しみです(^-^)

 

DSC01000