各地のkaigoカフェファシリテーター

LINEで送る

各地のkaigoカフェファシリテーター講座を主催している団体をご紹介します。

 

◇北海道 「ケアカフェさっぽろ」 藤澤寿子さん

社会人のサードプレイス的な居場所をつくりたい、という思いから2013年から始めています。3年前には、未来をつくるkaigoカフェin札幌「在宅で暮らす、関わる地域の違いとケアのチカラ」というテーマでケアカフェさっぽろ、ケアカフェおたるとの共催企画を開催。

いつ来ても、楽しかったねーと合言葉がでるような場づくりを目指しています。ケアカフェの繋がりを楽しみ、目的意識を持って参加しやすいように気を配っていきたいです。

 

 

◇岩手県「一般社団法人 岩手介護コミュニティ協会」藤原陽介さん

広い岩手の中で志高く孤軍奮闘する介護従事者の集いの場として、2013年5月に設立しました。「人の繋がりや魅力ある岩手の介護業界の創造」「人材を人財に変える教育事業」を大きな柱に、岩手の介護従事者にとって職場とは違う「第三の居場所」となる事を目指し活動しています。セミナー・講演会の開催の他、スポーツ交流、事例検討会、介護技術勉強会を月一回ペースで開催。介護業界の様々な実態を情報発信するフリーマガジン『Irie(アイリー)』の発行も行っています。介護業界のネガティブなイメージは紛れもなく介護従事者の実践によりつくられたものであり、逆に介護業界のポジティブなイメージを発信できるのも介護従事者にしか出来ないと思っています。岩手介護コミュニティ協会は、来る2025年の高齢化のピークとその後訪れる多死社会を支える担い手として不足の無い業界作りに邁進していきたいと考えています。

FB https://www.facebook.com/iwatecare

Ameba BLOG 一般社団法人岩手介護コミュニティ協会のブログも公開中

 

 

◇岩手県「NPO法人里・つむぎ八幡平」高橋和人さん

「笑顔と安心の創造を」

平成23年4月に宅老所の開設を契機として、過疎化の進む地方の片田舎で住民がお互い様の気持ちで助け合える地域社会復活の端緒になればとの試みでスタートしました。半農半介護をテーマに、現在認知症ケアと看取りに力を入れた地域密着型事業(グループホームや小規模多機能型施設)に加え、ごちゃまぜの共生型事業や耕作放棄地などを活用した本格的な農業を展開しています。今後は地域との連携をさらに深めるために「田園の保健室」やカフェ事業、共同農作業と6次産業化に力を注いでいく予定です。

HP http://www.s-tumugi.jp

 

◇福島県 「コミュニティカフェ會津」 三津谷若子さん

立ち上げから4年。2年目には家庭の事情で動けなくなった時、仲間がカフェをつないでくれました。ゲストの方はいいよ、行くよと快く受けてくださいました。最初は自分がやることなの、というところからのスタートでしたが、今は出会いが宝です。つながりがつながりを作り、大きな輪になっています。

 

 

◇長野県「ケアカフェながの」松木信治さん

介護を元気にする横のつながりをテーマにしたカフェ形式のイベント

長野県を中心に活動していますが、交流・コラボ大歓迎です。介護に関心のある人なら誰でも、気軽に立ち寄り、仲間を見つけて、ほっとして、元気がでる、そんな居場所づくりの提案をしています。

2013年から活動。カフェは不定期ですが、これまで数多くのワークショップやセミナーイベントを開催。述べ参加人数は600人以上。また、未来を作るKaigoカフェ主宰の高瀬比左子氏、在宅医療の第一線で活躍する佐々木淳医師など多彩なゲストを招き、地域介護の元気づくりを進めています。野外フェスやBBQなどをコラボした企画もあり。自由な雰囲気と、お互いを批判しないポジティブな「高めあい・支えあい」を目的としています。

FB https://www.facebook.com/groups/261549714199153/

YouTUBE 「ケアカフェながの」で検索!

 

 

◇山梨県「八ヶ岳観光福祉デザイン室 」横山綾子さん

「心身への配慮が必要な方も楽しめる観光地域を作ります。」 誰もが旅を楽むことをサポートいたします。そして、誰もが誰とでも楽しむことができる観光地域を作ります。 地域の様々な地域資源を生かし、誰もが役割を持って豊かに暮らせるように提案をします。旅すること。外出すること。遊ぶこと。笑うこと。食べること。知ること。一緒に考えること。夢を見ること。 様々な活動を通して、まだ見ぬ世界を作ること。 観光と福祉をデザインするソーシャルデザインチームです。山梨県「はれのひ」横山綾子さん
◇富山県「医療法人社団ナラティブホーム」佐藤伸彦さん、雲井重人さん

強化型在宅支援診療所、訪問看護ステーション、ホームヘルパーステーション(障害福祉サービス対応)、医療ソーシャルワーカー、ケアマネが連携し、ひとりひとりに合った、その人らしい暮らしをサポートしています。

また、ものがたり診療所太田では、地域の方々の社交の場「ものがたり茶屋」として気軽に交流できる場をつくり、地域の繋がりの継続のお手伝いをしています。また各種プログラムや茶話会などの交流の中から、気軽に困りごとや医療・介護の相談などもできる場になっています。

HP http://www.narrative-home.jp/

FB https://www.facebook.com/monogatarinarrative/

 

 

 

◇愛知県「クリエイティブケア研究会」 大河内しょうぞうさん

1)「C-school」基礎的な講義+参加者のグループワークや発表 2)「スキルアップ勉強会」 外部講師を迎えて”今、しらなきゃダメなこと”を中心に様々な勉強会を企画・開催しています。

■ケアクリエイターとは■ 人の生活や人生、まちや社会を介護や医療の視点からデザイン、クリエイトするのがケアクリエイターです。対象者とともに生活や人生を創造していく人財のことで、ひとりの人材を介護職・看護職・医師・PT・OT・STなど、専門分野を限定しない広範囲な知識・技術・経験を持ち、それらを発信していける人です。

FB https://www.facebook.com/carecreator2013/

 

 

◇三重県「三重県老人福祉施設協会21世紀委員会」世古口正臣さん

三重県老施協会員施設より選出された若手施設長や現場のリーダーたちで構成されており、業界のこれからを考える委員会です。 ①介護の魅力発信、②人材確保、③人材育成の3本柱で活動をしております。 三重県介護フォトコンテストの開催と作品を活用したイメージアップポスターの作成、人材育成に関する研修会、各種さまざまな情報交換会の開催が主な活動の内容です。今後は会員向けの企画だけでなく、会員外の皆さんにも必要とされる内容を企画していきたいと思っています。

HP http://www.mie-roushikyo.jp/

 

 

◇福岡県「福岡福祉向上委員会」 大庭欣二さん

「傾聴・共感・受容で明日も楽しく福祉職!」

平成28年10月に福岡の福祉職を支えぬくために立ち上げた団体です。

悩みや思いを共有する「福福おしゃべり庭」、学びで成長する「福福セミナー」、個別相談に対応する「福福相談室」の3つを中心に活動。他にも「福福読書会」「福福バー」「福福カフェ」など、ご要望や思い付きで様々な集いの場を作っています。

最近は福岡市の委託事業にも関わりをもち、介護人材合同面談会「Fukuoka FukushiFes.」、介護とITのマッチング事業「ケアテック推進コンソーシアム」などでも、福岡の福祉人財への貢献を行っています。

HP https://www.fukufukuupup.com/

FB https://www.facebook.com/fukufukuupup/

 

 

◇沖縄県「うらそえ介護福祉士会」 安保奈緒さん、与那覇涼さん

うらそえを沖縄一優しい街にするために、浦添市内の介護事業所に勤める有志で結成した会です。介護福祉士同士が集まり、いろんな話ができる場を作りたい!専門職としての意識を高め、自信をもって多職種と連携し利用者のケア向上につなげたい!との思いで、平成27年4月より活動をしてきました。研修企画や様々なイベントを定期的に楽しみながら行っています。介護福祉士の秘めたる可能性と情熱を発掘&発信する『アミーゴカフェ』(多職種・異業種誰でも参加OK)もスタートしました!

FB  https://www.facebook.com/Urasoekaigo

LINE @うらそえ介護福祉士会