kaigoカフェの活動

LINEで送る

未来をつくるkaigoカフェは、原則として月1回、都内のカフェで開催しています。毎回介護に関するひとつのテーマを取り上げ、ゲストの方にお話を伺ったり、参加者でワールドカフェを行ったりと、多くの学びと気づきの得られる「対話の場」です。

 

また、その他の活動として、地域の施設や学校、イベント等での「出張kaigoカフェ」を開催したり、講演や、kaigoカフェのような場づくりのサポートも行います。

介護のお仕事についてやカフェの取り組みについて紹介。地域づくりや認知症のワークショップなど、対話型の授業の開催も行います。

 

社会に出て半年の介護福祉士たちと今課題に感じていること、これから取り組みたいことなどをグループワークで共有 (社会人経験などに応じた内容で)。

地域・学校、企業などへ、認知症についての理解や認知症サポーター養成講座の開催を行います。

未来をつくるkaigoカフェミーティング&ファシリテーター講座

「自分の地域や団体でカフェ型の場づくりや勉強会をしてみたいが、どんな風に立ち上げていいか分からない」という方に対し、これまでのカフェの運営の経験をもとに、立ち上げ・設立のポイントや運営のコツ、ファシリテーション講座を定期的に開催しています。

一般企業と介護業界とをつなぐコラボレーション企画のご提案をいたします。

※人材派遣のセントワークスと介護女子のコラボレーション企画の開催
カフェには、現場の介護職はもちろん、医師や看護師、理学療法士や作業療法士といった現場の専門職から、介護事業経営者、介護保険外サービスなど、様々な分野で活躍されている方達がいます。前向きに介護業界をよくしていきたいという志をもった仲間と、地域や学校、企業など組織や団体の枠組みをこえてつながりをつくり、対話から介護の未来をつくります!

保存