10・13 aging innovation week in 台湾

10月11日から14日の4日間、「fun long life」~長寿を楽しむ~という大会テーマで、台湾にて「aging innovation week」が開催されました。

13日には、台湾の厚生労働省が主催の国際シンポジウムにて、他の2人の海外ゲストとともにカフェの取り組みを紹介する機会を頂きました。

13日のテーマは、「認知症ケアと人材」。台湾の介護業界の現状と、国内の様々な取り組みの紹介や認知症ケアの課題についてなどのプレゼンテーションがありました。

私自身はカフェコミュニティと介護業界について、アメリカからは、アルツハイマー協会の取り組み、オーストラリアからは認知症にやさしい環境の取り組みが発表されました。

今回の機会で、改めて他国を知ることの必要性と、日本の位置づけを確認することができました。日本は超高齢社会の世界のトップランナーとして、どんな後姿を見せることができるのか?これからも他国から学ぶ姿勢を持つことの大切さを実感しました。

オープニングセレモニーには、台湾の陳建仁副総裁もいらっしゃり、台湾の介護と認知症ケアに力を入れていきたい姿勢を強く感じました。貴重な国際シンポジウムにて発表の機会を頂いたことに感謝したいと思います。22491617_1636346983052483_8395709682571937931_n

10・6 未来をつくるかがやきカフェ

10月6日に千代田社協さん主催のkaigoカフェをかがやきプラザにて開催しました。

働きやすい職場について対話しましたが、現場に密着したテーマだったので具体的なアイデアがたくさん上がっていましたし、ぜひ明日から活かして頂けたらと思いました。

今回のスイーツは千代田区にある老舗のお店のパウンドケーキとどらやき。私はどらやきを頂きましたが、ブルーベリーが入っていて美味しかったです。

22281769_1445237225590951_1670874044179719848_n

10・3 未来をつくるkaigoカフェ 出張企画

昨日は小学校4年生の「ともに生きる」という総合の授業にて、出張カフェを開催させて頂きました。

今回は前半、日本の超高齢社会の現状などから、これから求められる高齢者のあり方などを自分のおじいちゃん、おばあちゃんにあてはめて考えてもらったり、介護現場で働く仲間たちから、日頃接する中で感じる面白さやすごいところなどをお話してもらい、子供たちには将来どんなおじいちゃん、おばあちゃんになりたいか、をイラストと文字で表現してもらいました。

後半は、共生の地域づくりの視点から、困ったときはお互いさまの精神をわかりやすく現場での実際のお話からヒントを得てもらったり、これまで車椅子や点字などの体験学習をしてきた子供達に、学校や公園などの公共施設や商店などで、どんな人やもの、情報があれば困らないか?などを対話を通じて考えてもらいました。

今回、2時間の授業を通じて、これから求められる新しい視点での福祉のエッセンスを伝えたいと思い組み立てましたが、これからもより伝わる形はどのようなものかを模索していけたらと思っています。22090163_1624522090901639_4037165948002970417_n

9・30 未来をつくるkaigoカフェ 5周年企画

9月30日はカフェの5周年企画でした。

今までの周年企画でもっともたくさんの人にお集まりいただき、5年続けてこられたことの感謝の気持ちと嬉しさはもちろんのこと、皆さんのパワーに圧倒されたひとときでした。

私がカフェを始める5年前、一介護職がフラットに対話できる場やまた来たいと思えるコミュニティがなく、自分が自分らしくいられる場をつくろう、という思いからカフェを始めました。今カフェがどのくらいの人達にとって求めて頂けている場なのか?想像力が足りず図りきれませんが、これからも私が5年前に感じた思いを忘れず、一介護職が来やすく、立場や役職、熱量の大小など関係なく、つながれる場であれたらと思います。

 

続けてきたからこそ素敵な仲間に恵まれたことに改めて感謝します。

5周年もたくさんの仲間の協力のおかげで無事終えることができました。北海道から沖縄まで広く仲間とつながりを感じる機会になりました。

これからもこの輪を地道に広げていけたらいいなと思いますし、来年、この企画でみなさんと再会し、近況を共有できることを楽しみにしたいと思います。

素敵な時間を本当にありがとうございました。これからも末永くよろしくお願いいたします。DSC01933

9・28 未来をつくるkaigoカフェ 出張企画

今日はカフェの出張企画として、小学校4年生の授業にて、カフェの写真も撮って頂いているカメラマンの近藤浩紀さんに、カメラマンとしてのやりがいや車椅子での日常について、お話してもらいました。

近藤さんが車を運転したり、釣りをしたり、海外で生活したりなどの日常についてのお話から、子供たちも積極的に質問をしたり、写真の数々を見てどこで撮った写真かを当てたり、楽しくやりとりしながら進行していきました。

学年には近藤さんと同じ脳性麻痺のお子さんがいて、今日の日を楽しみにしてきたと先生に伺い、お話を聞いて、とても勇気と希望をもらったとのことを最後に聞くことができました。

今回、どんな障害があっても、ちょっとした工夫や手助けがあれば当たり前の暮らしや、夢をもって毎日を楽しむことができるという視点の大切さや出張企画のこれからの方向性についてもしっかり向き合うことができました。改めて子供たちにわかりやすく関心がもてる切り口で、これからも微力ながら継続していきたいとの思いを新たにすることができました。
22008386_1618746621479186_6936847970988663774_n