6・29 未来をつくるオンラインカフェ

6月29日に開催した未来をつくるオンラインkaigoカフェは、「これからの地域づくりに求められるものは?」というテーマで、地域密着で介護福祉事業に取り組まれている4名の方に現在の取り組みのお話を伺いつつ、今後ソーシャルディスタンスとケアをどのように両立していくか、対話で共有しました。

 

ソーシャルディスタンスとケアの両立については、介護医療の現場に関わるものとして、できる準備は怠らず社会とのつながりをどのように再開していくか、地域共生社会を目指し、多様な世代が集まる場をつくってきたからこそ、いざという時助け合えることがあるはずですし、リアルに会える機会も少しづつ再開し、地道につながりを維持していくことが大切ではないか、と思いました。

 

今年に入ってカフェでは、1月と3月そして6月と、「地域と関わる」「地域で働く」をテーマに開催してきました。

これからも皆さんと一緒に地域でできることを考えていきたいですし、私自身も「参加したい」「学びたい」と思える、わくわくする場を作っていきたいと思っています。

naoiwatanabemasuda simozaawa

6・17 未来をつくるon-lineカフェ×介護付きホーム

6月17日は、新たな取り組みのはじめの一歩の一日。

介護付きホームの18拠点をつないで、入居者の方150名ほどの方とともに、丹野智文さんを講師にオンライン認知症カフェを開催することができました。

4月以降、子供だけではなく、高齢者施設の方もともに学んでいただける機会として提供してきたオンライン授業を6月以降どのような形で継続できるか検討する中で生まれたアイデアの一つです。

今回は丹野さんのお話の後、各拠点の入居者の方やスタッフさんから、質疑や感想共有をして頂きました。

入居者の方は認知症が進行している他の入居者の方を間のあたりにし、とても不安に感じられていること、認知症になったら、何もわかならくなってしまうのでは、という思い込みをされている方、認知症状の出方も様々に違いがある中で、どう接すればいいか、どう友達をつくればよいわからなかった、とお話をして下さる方等がいらっしゃる中で、丹野さんの前向きに認知症と向き合い続けてきたお話から、気が楽になった、認知症になるのは怖いことでないと思った、若い人から生きる元気をもらった等涙ぐまれてお話下さる方等、様々な感想を伺うことができました。

私自身も長く施設で勤務する中で、入居者の方は認知症について誰にも言えない不安をお持ちなのだということを、改めて実感しました。

安心して他の認知症の方ともお付き合いができ、自分が認知症になっても大丈夫、と思えるような方を増やせたらいいですし、施設に入っても、様々な情報が得られ、社会とつながることが当たり前になっていけばいいと思います。

今後も高齢者施設の方等とともに対話型のオンラインカフェを開催していくことができたらと思いますし、様々な形式でチャレンジできればと思っています。

お写真は今回は撮っていないため、休校中に丹野さんを講師に開催したオンライン授業の様子です(^^)

tanno

未来をつくるオンライン授業

未来をつくるオンライン授業は3月から休校中の子供を対象に、そして4月の緊急事態宣言後は高齢者の方もともに学んでいただける授業として全34講座、のべ700人を超える方にご参加いただきました。

juhyou

オンライン授業を開催する経緯としては、これまで学校での出張カフェを開催してきた経験を、コロナで閉塞感を抱えて生活されている方のために活かせないかと考える中で、様々な専門性を持つカフェの仲間の協力を得て、こどもや高齢者の方のためのオンライン授業という形で提供することができるのではないか、と思ったことからです。

始めは親も仕事が休みでなければ受講できなかったり、授業の存在を周知してもらうのが大変でしたが、参加者や講師の口コミからだんだんと固定して参加してくれる方や新しい方も加わり、楽しく対話型での学びの場を作ることができるようになりました。

5月25日に、全国的にも緊急事態宣言が解除になり、授業も一旦これまでの形での開催は終了とさせて頂きましたが、この2か月半は私にとっても、貴重な気づきと出会いの機会をいただけました。

ボランティアとして心よくご協力いただいた講師の方々をはじめ、参加して頂いた皆様、本当にありがとうございました。

このご縁に感謝しつつ、今後は、また形をかえての開催を考えていますので、追ってシェアさせてください。

これからもどうぞよろしくお願いします。

未来をつくるオンライン授業
https://miraionlineschool.com/

オンライン授業の一部がカフェのYouTubeにアップされています。今後のオンラインカフェのダイジェスト等もアップしていく予定ですので、ぜひご登録ください^^
https://www.youtube.com/channel/UCcupsz9JILPj0FDhlOgnBpw

6・12 未来をつくるオンラインカフェ kaigoカフェファシリテーター企画

6月12日は未来をつくるオンラインカフェ、kaigoカフェファシリテーター企画として、カフェをオンライン化された4名の方にオンラインにチャレンジしてみての感想や課題をシェアして頂き、今活動を休止されていたり、始めようと思った矢先にコロナの影響で開催できていない方等に、役立てる場として開催しました。

103780487_2969584333156225_3505238577017286355_n

 

この3か月、様々なオンラインイベント等へ参加してみてどうだったのか?また自分はどんな場がつくりたいのか?自然な形でリアルな開催につなげていくには?など具体的なヒントが得られる場になったのではないかと思います。

 

 

昨年の8月にオンラインカフェを始めたきっかけはファシリテーター講座のご縁をつないでいくためだったので今後もファシリテーター企画は不定期ですが開催していきたいと思っています。

102455597_2969584683156190_886361444463845831_n

 

オンラインのセミナー等が増えていく中で、これからもカフェらしさを忘れずに、皆さんとのご縁を大切に開催していきたいと思っていますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

103461465_2969584373156221_7573178887225846624_n

5・26 未来をつくるオンラインカフェ

5月26日に開催した未来をつくるオンラインカフェは「新型コロナ時代の 新しい医療と介護のかたちを考える 」というテーマで医療法人社団悠翔会理事長の佐々木淳さんにお話を伺い対話で共有しました。

未知のウイルスに対する正解がわからない状況の中で、佐々木さんや専門家の方等から、たくさんの実践に役立つ発信を参考にさせて頂いていました。昨日のカフェでは、緊急事態宣言が解除になる中で、専門職として、地域住民としてどのようなことに気をつければいいのか?頭の中で整理することができましたし、今後は濃厚接触の定義などをより理解することで、過剰に恐れすぎず、行動範囲も少しづつ広げていけるのでは、と感じました。
99299492_2929588640489128_3768842052872175616_nこの3か月弱、皆それぞれの場所で自粛や衛生管理をしながら、何とか感染拡大を抑えることができ、一旦解除することができたことを共有できて嬉しかったですし、今後も油断することなく、時に、このようなオンラインカフェなどの場で情報交換やリフレッシュをしながら、長くコロナと付き合い続ける覚悟で、その時の状況に応じて正しく恐れていけたらと思いました。

有益な情報を発信し続けてくれた佐々木さんはじめ、皆さまには本当に感謝です。

いつもオンラインカフェにご一緒してくださる皆さま、運営協力をしてくれているケアコラボの藤原さんや、今回グラレコのご協力をしてくれたむす部の岡田さん、川原さん、二瓶さんありがとうございました。
今後もオンラインのカフェがメインになると思いますが、これからもよろしくお願いいたします。
100915090_2929588670489125_4493995955942588416_o