3・17 kaigoカフェファシリテーター講座 成果発表会&交流会

3月17日は名古屋で未来をつくるkaigoカフェファシリテーター講座の成果発表会&交流会でした。

私からは昨年の8月に開催した講座のフォローアップ的なお話としてカフェの立ち上げから継続していく中での大切な視点、基本的な思いや理念についてお話させて頂きました。

4人の事例発表者の方達からは、昨年8月からのアクションを共有して頂きました。パワーあふれる実践的な話から、様々な行動につながるヒントが頂けました。

そのあとは、持ち寄った課題をシェアしてもらい、対話の時間に。思いが動き出す空気感はいつも心地よい刺激がもらえます。
今回はスペシャルアドバイザーとして大阪で素敵な場づくりをされている山下勝巳さん、そして、スペシャルグラフィッカーとして上村久美子さんにお越し頂き、実践からのアドバイスや魅力的なグラフィックレコーディングを披露して頂きました。

主催のクリエイティブケア研究会の大河内さん、ご一緒頂いたみなさま、ありがとうございました。

54522899_2292910710729437_6498573522175000576_n

3・3 未来をつくるkaigoカフェin埼玉福祉・保育専門学校

3月3日は埼玉福祉・保育専門学校の介護福祉士科の卒業記念企画でkaigoカフェを開催させて頂きました。

私はこれから介護現場で働く上で、大切にしてほしい点をシンプルにお伝えし、佐々木先生からは超高齢社会を、当事者、ケア職として、どう向き合っていけるか?課題提起をして頂きました。

53112118_2058483537599647_6177647265100857344_n53289841_2058483287599672_3090721323047976960_n

 

 

 

 

 

そのあとは、「10年後、誇りをもって介護の仕事をするには?」というテーマで、本科、夜間科、留学生、社会人、それぞれの立場から意見交換をしました。

今回共有したことは、働き始めてから忘れずにいてもらいたいですし、自分なりの思いを言葉にすることの大切さを少しでも感じてもらう機会になればいいなと思います。

埼玉福祉・保育専門学校介護福祉士科の卒業生、先生方、ご一緒頂いたみなさま、ありがとうございました。

53480612_2058483860932948_6153658390988980224_n

2・19 小学校への出張kaigoカフェin墨田

今日は、スカイツリーのお膝元にある墨田区の小学校6年生の二クラスで、認知症の理解をテーマに授業をさせて頂きました。

今回、祖父母と一緒に住んでいたり、家族が介護の仕事に関わっているなどの子供が少なく、どう身近に感じてもらえるかが課題となりましたが、授業が終るころには、認知症であっても、そうでなくても、目の前に困っている人がいれば声をかけたり、手を貸すなど、一人一人が、人として思いやりのある行動をしていくことが、地域で安心してくらしていくには必要なのだ、というメインメッセージは伝えることができたのではないかと思っています。

これまで4,5年生には授業をしたことがありましたが、6年生はさらに一歩大人に近い学年として、多感な思いも芽生える中で、その学年ごと、クラスの状況、地域性などに応じた伝え方なども応用していく必要性を感じました。

学校への出張カフェは、私自身、思わず熱い思いが出すぎてしまう場でもありますが汗、とても学びがあり、職業理解も進めていく上で必要な機会だと思いますので、今後も続けていくことができたらと思っています。

52117912_2040734659374535_5151267849360113664_n

2・16 kaigoカフェファシリテーター講座in盛岡

2月16日は盛岡でkaigoカフェファシリテーター講座でした。

雪が降る中、東北の各地から参加して頂き、熱い対話の時間になりました。自分にとってどんな場が必要なのか?今の活動をどのようにブラッシュアップしていけるか?一日を通じてケアの本質に向き合いながら考えて頂きました。

多食酒連携を進めて頂きつつ笑、今回のご縁から、どんなアクションが生まれるか、楽しみにしています。

ご協力頂いた、里つむぎ八幡平の高橋和人さん、岩手介護コミュニティ協会の藤原陽介さんはじめ、ご一緒頂いた皆様、ありがとうございました(^^)

52559004_2255812754439233_2873483200066224128_n

2・12 未来をつくるkaigoカフェ

2月12日に開催した未来をつくるkaigoカフェは、「注文を間違える料理店の実践から見えてくる新たな発想を活かす介護とは?」というテーマで「注文をまちがえる料理店」プロデューサーの小国士朗さんと認知症ケアのスペシャリストで一般社団法人 注文を間違える料理店理事長の和田行男さんに対談形式でお話を伺った後、対話で共有しました。

_DSC5441

注文を間違える料理店をつくるコツは、「自分にできないことができる人を集めること」が必要で、それにはこの指とまれ、の「みんなが止まりたくなる指になっているか」が大切ということ。

社会課題をポジティブな発信をしていくことで、認知症という一見ハンデにも捉えられることが、価値に替わる、ということ。

_DSC5485

 

 

 

 

_DSC5574

 

 

間違えても、まいっか、と思える寛容さ、失敗が許される社会づくりの必要性を実感する機会になりました。

 

 

たくさんの笑いとともに貴重な気づきを頂けた時間に感謝です。

今回は、千代田区社会福祉協議会との共催で開催いたしました。